気になる「103万円の壁」「130万円の壁」

看護師転職サイト口コミ・評判

看護師さんの強い味方!
それが転職サイトです!
口コミを参考に!!

気になる「103万円の壁」「130万円の壁」

看護師に復帰したいと考えている方にとって、扶養のことも気になる問題の1つではないでしょうか。看護師の場合、一般的な主婦のパートよりもお給料は高額です。


ですから、復帰する前に、年収どのくらい稼ぐのが家計全体にとってベストかどうか、シミュレーションしておく必要があります。よく言われる「103万円の壁」や「130万円の壁」は超えないほうがいいのでしょうか。


まず「103万円の壁」とは何なのかを説明しましょう。配偶者(ここでは妻=看護師として復帰したいと考えている人と仮定します)の所得がない場合は、夫の年収に対して年38万円の配偶者控除が適用されます。


もし、配偶者の年収が103万円以上あった場合、給与所得控除65万円と基礎控除38万円をさし引かれた残りの額に所得税がかかってしまいます。配偶者の年収が103万円以下なら、配偶者の年収に対して所得税が発生せずに済みます。


ただ、もし配偶者の年収が104万円になったとしても、いきなり控除がなくなるわけではありません。年収140万円までは配偶者特別控除があり、段階的に控除額が下がっていく仕組みになっています。


次に「130万円の壁」について説明します。130万円の壁については、社会保険が関わってきます。もし妻が看護師として復帰して、年収が130万円を超えた場合、配偶者(ここでは夫)の扶養家族から外れることになります。


したがって自分で年金保険料や健康保険料を払わなければなりません。この場合、年間約15万円ほどの保険料が発生します。年収129万円までは扶養の範囲内だったのに、130万円になると約15万円引かれ、手取りは約115万円に減ってしまうのです。


もちろん所得税・住民税もかかってきます。なお、保険組合によって年収130万円についての考え方が微妙に違ってくるので一度チェックしておいた方がいいでしょう。


正職員ではなく、パートやアルバイトの扱いでも、年収130万円を超えると自分で社会保険料は負担しなくてはなりません。ここはギリギリに抑えておいた方がいいでしょう。


また、年収が被保険者(ここでは夫)の収入の半分以下である必要もあります。例えば、配偶者の収入が250万円の場合は、看護師として125万円以上年収があれば、扶養から外れてしまうのです。


年収160万円以上となる場合なら、世帯収入は大きくなるケースが多いでしょう。ちなみにご主人が自営業の場合、配偶者は最初から国民健康保険や国民年金に加入しているので130万円の壁はありません。復帰して、どんどん稼いじゃいましょう。


登録するなら公式サイトへ→看護プロa


登録するなら公式サイトへ→看護roo! a


登録するなら公式サイトへ→ナースフル a

看護師転職サイト一覧

転職サイト名 対応区域 特徴 口コミ
看護roo! a 全国 職場の内部情報を提供 看護roo口コミ
ナースフル a 全国 働きながらスピード転職 ナースフル口コミ
ナースパワー人材センター a 全国 あなたに合った求人が見つかる
例えば応援ナースなど
ナースパワー口コミ
看護のお仕事a 全国 あなたの希望を叶える豊富な求人 看護のお仕事口コミ
ジョブデポ看護師a 全国 お祝い金40万円プレゼント ジョブデポ看護師口コミ
看護プロa 関東/東海・中部 内部情報・口コミ情報を提供 看護プロ口コミ
ナースJJ a 全国 直接病院へ応募が可能 お祝い金の高さにつられて転職してしまった。
ナースジョブ a 全国 安心の無料転職サポート 詳細をメールで貰い、その中から決めちゃいました
メドフィット a 全国 業界最大規模の求人数 メドフィット口コミ
ナースではたらこa 全国 3年連続満足度NO1
ナースバンクキャリア a 都市圏 コンサルティング力に絶対の自信 コンサルタントの方がとても良い人で話し込んでしまいました。
ナースコンシェルジュ a 関東中心 あなたのペースで転職できる ナースコンシェルジュ口コミ
MCナースネット a 全国 口コミ実績NO1 MCナースネット口コミ
ナース人材バンク a 全国 交渉力に自信のあるコンサルタントが多数在籍 ナース人材バンク口コミ
サブコンテンツ

このページの先頭へ