「ゆとり」をもった看護環境に復帰するには

看護師転職サイト口コミ・評判

看護師さんの強い味方!
それが転職サイトです!
口コミを参考に!!

「ゆとり」をもった看護環境に復帰するには

現役の看護師に、看護体制に対して不満なことをアンケートすると、「看護以外の雑用が多い」「人手が足りなくて看護どころではえない」といった声が必ず、しかもかなり多くあがります。


もし、このような理由が元で退職し、その後「やはり看護という仕事に携わりたい」「看護師として復帰したい」と考えたなら、「患者さん一人ひとりにゆとりを持って向き合う」ことができるところに勤めたいですよね。


けれども、給与や休日といった客観的な数字が挙げられるものと違って「ゆとり」というものは傍から見ただけではわからないものです。 実際に勤務して初めて色々なことが見えてくることも多そうです。 とはいうものの、復帰してまた以前と同じ壁に直面して、あれこれ思い悩むのは避けたいところです。


「ゆとり」の判断の目安の1つにしたいのが、「ベッドの回転率」と「病棟ごとの在院日数の平均値」です。 ベッドの回転率が高いということは、それだけ入退院する人が多いということです。


つまり、それに関わる業務も多いので、患者さんと向き合って看護する余裕も少ないことがうかがえます。 さすがにベッドの回転率までは病院のサイトには掲載されていませんが、病院の事務局の人に説明と求めれば教えてくれます。


また、平均在院日数についても数字が低ければ低いほど、「ゆとり」のある看護とは程遠いものになります。 この平均在院日数は病棟ごとにも差があり、急性期病棟の場合は在院日数がかなり低くなります。


もし、「ゆとり」をもって看護のできる病院に勤めたいのなら、慢性の病棟や療養型の医療施設が向いています。 このような病院ならば、緊急入院や患者の容態の急変といった業務に追われることが少ないからです。


また、患者の入院期間も長く、業務もルーチン化されているので、それほど時間をとられない分、患者と接する時間をより多く得ることができるでしょう。


このほか「ゆとり」ある看護を目指す場合、訪問看護ステーションに復帰するという選択肢もあります。 この場合、看護に関しては「ゆとり」をもってのぞめます。


ただ、ステーションに戻った後は、書類作成などの事務仕事が待っていますから、デスクワークを敬遠する人には、向いていないかもしれません。


また、急性期病棟であっても、看護の仕事をサポートする看護助手などの人員が豊富ならば、看護師本来の仕事に集中できるでしょう。


登録するなら公式サイトへ→看護プロa


登録するなら公式サイトへ→看護roo! a


登録するなら公式サイトへ→ナースフル a

看護師転職サイト一覧

転職サイト名 対応区域 特徴 口コミ
看護roo! a 全国 職場の内部情報を提供 看護roo口コミ
ナースフル a 全国 働きながらスピード転職 ナースフル口コミ
ナースパワー人材センター a 全国 あなたに合った求人が見つかる
例えば応援ナースなど
ナースパワー口コミ
看護のお仕事a 全国 あなたの希望を叶える豊富な求人 看護のお仕事口コミ
ジョブデポ看護師a 全国 お祝い金40万円プレゼント ジョブデポ看護師口コミ
看護プロa 関東/東海・中部 内部情報・口コミ情報を提供 看護プロ口コミ
ナースJJ a 全国 直接病院へ応募が可能 お祝い金の高さにつられて転職してしまった。
ナースジョブ a 全国 安心の無料転職サポート 詳細をメールで貰い、その中から決めちゃいました
メドフィット a 全国 業界最大規模の求人数 メドフィット口コミ
ナースではたらこa 全国 3年連続満足度NO1
ナースバンクキャリア a 都市圏 コンサルティング力に絶対の自信 コンサルタントの方がとても良い人で話し込んでしまいました。
ナースコンシェルジュ a 関東中心 あなたのペースで転職できる ナースコンシェルジュ口コミ
MCナースネット a 全国 口コミ実績NO1 MCナースネット口コミ
ナース人材バンク a 全国 交渉力に自信のあるコンサルタントが多数在籍 ナース人材バンク口コミ
サブコンテンツ

このページの先頭へ